住まいとまちづくりコープ

1992年11月、[住まいとまちづくりコープ]を個人事務所として設立。
住宅生協の準備事務所としての位置づけも持って「住宅・マンションとまちづくり」のことは何でも相談できる場として業務開始。
主にマンションや団地の総合的に診断、長期営繕計画作成、大規模修繕の工事企画、工事監理を住民参画型で行ないたいとワークショップなどもしながら業務をすすめ、規約の変更の相談や管理組合の運営、管理会社や欠陥建築の問題、防犯・ペット飼育の課題など幅広く対応しています。
建物の快適性と長寿命化、省エネ化、環境とまちづくりを学ぶためにドイツツアーを2010年と2016年の2回実施。集まって住むという居住形態では、合意形成が大切で、そのことに重きを置いた『マンションデモクラシーで100年住みつづける 人も建物も豊かで長生き』(本の泉社)を2015年に出版。
災害列島日本で防災・減災を強く意識して業務やさまざまな取り組み実施。阪神・淡路 大震災、新潟・中越沖地震、鳥取地震、岩手内陸地震、東日本大震災、広島土砂災害、 伊豆大島土砂災害、鬼怒川豪雨災害、熊本地震、糸魚川大火、福岡豪雨などの被災地に 足を運び、被災地の調査と被災者支援をし、教訓を活かせるように2011年9月『マンションの防災マニュアル』(住宅新報社)を出版しました。売り切れたので2016年には改訂版を出版。

 

所在地 〒174-0072 東京都板橋区南常盤台1-38-11 1F
TEL 03-5986-1630 FAX 03-5986-1629
代表 千代崎 一夫
加盟団体 日本マンション学会
新建築家技術者集団
NPO法人設計協同フォーラム
多摩・産直すまいづくりの会
全国欠陥住宅被害連絡協議会
東京土建一般労働組合
東京マンション研究会
防災問題を考える首都圏懇談会
公益社団法人 日本愛玩動物協会
表彰 「マンションデモラシーで100年住みつづける」2017年 新建賞奨励賞
「行動派建築人宣言 - 外に打って出る魅力」2013年 新建賞特別賞
「ビンテージマンション・ビンテージ団地」2009年 新建賞正賞
「逃げ出さなくても良い住まいとまちづくりを」2005年 新建賞奨励賞
「住みよいマンションづくりを目指して」1987年 新建賞正賞
 
住まいとまちづくりコープ

オンラインでマンション修繕委員会に参加

電話でマンションの修繕委員の方から相談がありました。 今までは、事務所に来ていただき無料で相談をしていました。今回、現場に行くのも大変、相談に来るのも難しいという事がありました。この間、コロナ禍で会議や講座、個別相談をオンラインで行ってき...
設計人語

マンションエイダ― 8のリトマス試験紙

①生活の場としてマンションをとらえる感性  資産の管理」だけでなく、居住者の生活の器であるマンションで住まうことを通じて「生活の向上」をすすめること。 ②何千万もの買い物をするのに瑕疵があるべきではないという権利意識  欠陥は許せない...
設計人語

築40年以上のマンションに住み続けるための対策

1. 長生きマンションの3つの柱 ①マンションの住民参画とリノベーション - 「建物の維持管理」 左の表をつくったときには「長生き」としか書けませんでした。 この数年は100年という表現を押し出し、書籍のタイトルにもしました。 それ...
タイトルとURLをコピーしました