住まいを設計するとは?

Q&A 設計

 住まいづくりでは自分たちのこれまでの生活を見直し、これからどんな生活を望んでいるのかを家族みんなで確認し合い、それを限られた条件の中でどう生かすかを、工事に先立って具体的に決めておくことが大切です。このことが設計であり、その内容を具体的に表現したものが設計図書です。

 設計図書はこれから建てようとする住まいについて、皆さん(建主)と施工者との間で住まいの内容を確実に理解するために不可欠なものです。

 これがないと正確な工事費が算出できないばかりか、希望道理の内容が伝わりません。設計をおろそかにすると工事に入っての変更や手直しをすることになって、大変高いものにつきます。

 そのようなことのないようにするには、きちんと設計することが大切です。それには皆さんの立場に立つことのできる設計者の協力を得ることが大変有効です。

LINEで送る

コメントを残す

« »

Top