事務所紹介(エーアンドエーセントラル)

エーアンドエーセントラル

(株)エーアンドエーセントラル

●設計者プロフィール

  • 氏  名 丸谷 博男
  • 生年月日 1948年9月
  • 資  格  一級建築士

●事務所概要

  • 名称:一級建築士事務所(株)エーアンドエーセントラルarts and architecture
  • 住所:155-0033東京都世田谷区代田 3-48-5
  • tel:03-5431-6030 fax:03-5431-6031
  • E-mail:h.maruya@a-and-a.net
  • webサイト:http://www.a-and-a.net
  • ブログ:http://maruya.exblog.jp/
aanda-maruya

●設計者履歴

  • 1948年9月 山梨県に生まれる/本籍 石川県羽咋郡志雄町
    .       4歳から東京で暮らし続けるが、地域や地方が大好きな人間。
  • 1972年3月 東京芸術大学美術学部建築科卒業、
    .       卒業制作「コミュニティーセンター」
  • 1973年   長野県木曽郡三岳村にて山村建築の実測調査を行いデザインの
    .      原点を学ぶ。
  • 1974年3月 同大学院卒業/同大学非常勤講師となる(~1988年)
  • 1975年4月 1983年に独立するまで奥村昭雄先生の研究室/アトリエにおいて
    .      家具と建築の設計を学ぶ。
    .      特に室内環境、太陽エネルギー利用、環境共生的なアプローチに
    .      力点を置き、
    .      現在普及しているOMソーラーシステムの開発期にかかわる。
  • 1985年4月 この年より現在に至るまで千葉大学工学部建築学科非常勤講師
    .      を勤める。
  • 1992年10月 世田谷区梅ヶ丘にモノつくりの拠点「梅ヶ丘アートセンター」を
    .      創設し、設計事務所とギャラリー、そして世田谷区のまちづくり
    .      に関わる。
  • 現在、ものづくりとまちづくりと施設づくりを通じて、人間の元気づくりと本物づくりを、4人のスタッフとともに進めている。とくに最近では、土壁、漆喰壁、和紙、染色などを再評価し、現代的な表現に取り組んでいる。
    住宅以外には、医療・福祉施設に取り組む。
  • 所属  NPO梅ヶ丘アートセンターフェローシップ代表
    .   千葉大学工学部建築学科非常勤講師「設計指導」
    .   東京芸術大学非常勤講師「素材と造形論」
    .   2002年東京芸術大学、女子美術大学、沖縄芸術大学より
    .   「素材と造形論」の非常勤講師依頼を受ける

●主な著書

  • 「住まいのアイデアスケッチ集」
  • 「家づくりを成功させる本」
  • 「設備から考える住宅の設計」
  • 「実践木造住宅のディテール」(いづれも彰国社刊)
  • 「男と女の建築家が語る家づくりの物語」(工業調査会刊)   ほか

● 住まいづくりの考え方

(Q)住まいにとって大切なことは?100字

(A)住まいは人の形、人生の形、そして住み方の形である。住まいをデザインするということは、人の生活を思い浮かべることであり、その生活の具体的な場面を実現することである。

(Q)あなたの建てた家の魅力と特徴は?100字

(A)自然素材を使い、より自然な温湿度環境をつくり出し、家族の変化や時代の要求に対して価値を失うことの ない住宅。素材を見る目、素材を加工する技術、素材を楽しむ心を大切にした住まいづくり。

(Q)ご自分の性格を自己分析すると?80字

(A)何時も人の集う場を作り、少しでも豊かな暮らしにできればと願い、生き、活動している。喜怒哀楽が大きいが、他人からはそう見えない。

(Q)設計料の目安は?

(A)建築工事費の10%(木造)、12%(S/RC造)。諸官庁手続きは別途。遠距離の場合は、旅費が必要。

 

●設計事例

LINEで送る

コメントを残す

« »

Top