設計協同フォーラムとは

設計協同フォーラムは、1994年3月に新建築家技術者集団の会員が集まって設立。メンバーは、東京、千葉、神奈川、三重県で活動している設計事務所から成っています。

現在、生活不安が増す状況の中、悪徳商法や悪徳リフォーム業者や、健康、バリアフリーを謳いながら、その実、生活しにくく、健康被害を生み出す住宅を売りつけるハウスメーカー、素人の無知につけ込んで欠陥工事を行なう建売業者の被害が後を絶ちません。建設省が消費者保護を謳って規制を強化する方向にありますが、住まい手の側に立って、多様な要求や相談に応えられる専門家が切実に求められているのを実感しています。住まいに求められる性能、品質は、細かく、高度になってきています。そして、地球環境を考慮する広い視野も要求されています。

地域の中で住まいの相談に応じ、人々の住まいへの夢に、積極的に応えようと、志を同じくする設計事務所のメンバーが集まり、結成したのが設計協同フォーラムです。

様々な要望に応える個々の業務については、この数年間のフォーラムでの活動実績を生かして、それぞれの設計事務所が責任を持って対応していきます。

私たち設計協同フォーラムは、今後共、設計者相互、施工者とも協力して、そういう高度な要求に応え、限られた予算を有効に使いながら、『住む人の生活感や価値観を大切にした、使いやすい、暮らしやすい、健康で安全な住まい』を共に創造していきたいと考えています。

NPO法人 設計協同フォーラム

代 表:淺川 淑子
事務局/相談窓口:〒174-0072 東京都板橋区南常盤台1-38-11
TEL:03-3973-6371 FAX:03-5986-1629
E-mail: info@sekkei-forum.net

設立以来の活動(毎月の定例会や随時日程の活動)

●勉強会
自然系建材(珪藻土、国産材、塗料)
耐震補強金物 木造耐震工法
耐震診断 高断熱高気密住宅
自然系防蟻処理剤
●各地域での講演会・相談会活動
●阪神大震災後の被害調査
被災度判定のボランティア活動
●住宅要求や悩みに応える執筆活動
『地震・火災に強い家の建て方・見分け方』講談社刊
『わが家の間取りこれに決めた!』講談社刊

●東都生協の住まいづくり事業との提携による
住まい、まちづくりの講演会活動 相談活動
●マスコミからの問い合わせに応える活動
特に欠陥住宅相談など
●全国欠陥住宅110番での相談活動
●しんぶん赤旗にリレーエッセイ連載
●NHK「天うらら」にバリアフリー住宅のモデル現場として放映される
公開講座
自然系建材展示会
現場見学
森林見学

LINEで送る

Top